国際連携・共同研究推進部門

国際連携・共同研究推進部門

部門概要

 数多くの国内・国際共同研究に参画し、牽引力となるべく、2020年4月国際連携・共同研究推進部門が設置されました。被ばく医療総合研究所は放射線被ばく医療に関する基礎研究をさらに推進しつつ、原子力関連施設や被ばく医療施設における健康管理や緊急被ばく事故に対応できる専門的人材の育成を目的として、2011 年に弘前大学に設立された附置研究所です。これまで放射線科学を中心とする自然科学の広い分野で先駆的・先端的研究に邁進してきました。2019年度からは「放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点」を標榜する国立大学共同利用・共同研究拠点の一つとして、国内外の共同利用・共同研究をこれまで以上に推し進め、それを新たな糧としてより多彩で広がりのある放射線科学研究を展開しています。また、インターンシッププログラム・原子力人材育成事業・原子力研究交流制度を通じた若手研究者の育成や社会貢献を常に念頭に置いて活動しています。

部門構成

  • • 准 教 授 田副 博文
  • • 助 教 クランロッド チュティマ
  • • 客員研究員 篠永 妙子

現在の研究テーマ

A.放射性核種の新規分析法の開発
  1. 生体試料中の放射性核種の迅速・簡易分析法の開発(バイオアッセイ)と内部被ばく線量評価に関する研究
  2. トリプル四重極誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-QQQ)による新規分析法の開発と福島第一原子力発電所事故による汚染状況の把握
  3. ストロンチウム-90の自動分析システムの開発・運用試験
B.環境中における放射性物質の動態に関する研究
  1. 福島県浪江町における請戸川流域の放射性核種の動態に関する研究
  2. 長半減期放射性核種の環境バックグランドデータの蓄積・データベース構築
C.大気・海洋の同位体地球化学研究
  1. ネオジム同位体比を指標とした陸源栄養物質の循環に関する研究

実験室・設備

トリプル四重極誘導結合プラズマ質量分析装置 低バックグラウンドα/β測定装置
井戸型ゲルマニウム半導体検出器 同軸型ゲルマニウム半導体検出器
アルファ線スペクトロメーター

最近のプロジェクト

  1. 田副博文(研究分担者),科学研究費助成事業「基盤研究 (B)」,放射性セシウムと放射性ストロンチウムを用いた日本海の底層水循環に関する研究(令和元年度~令和3年度)
  2. 田副博文(研究代表者),科学研究費助成事業「基盤研究 (B)」,  生物硬組織を指標とした原発事故直後の河川水中の生物利用性Cs-137の復元,(平成30年度~令和2年度)
  3. 田副博文(研究分担者), 科学研究費助成事業「基盤研究 (C)」,放射性セシウムの吸収濃度向上と安定して高い除染効果を確保するための実証試験, (平成29年度~令和元年度)
  4. 田副博文(研究分担者), 科学研究費助成事業「基盤研究(B)特設分野領域」,高度な地球化学分析手法を用いた回遊魚類の生息域履歴推定法の確立,(平成28年度~30年度)
  5. 田副博文(研究分担者),科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」,オホーツク海・ベーリング海における混合と物質循環の解明,(平成29年度~令和元年度)
  6. 田副博文(研究代表者), 科学研究費助成事業「基盤研究 (C)」,マイクロ化学チップオンライン濃縮ICP質量分析法による放射性ストロンチウムの定量,(平成26年度~28年度)
  7. 田副博文(研究代表者),東京大学大気海洋研究所学際連携研究,海洋魚類の脊椎骨のネオジム同位体比分析による回遊経路推定手法の確立,(平成27年度)
  8. 田副博文(研究分担者), 科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」,海洋及び海洋底における放射性物質の分布状況把握,(平成24年度~28年度)
  9. 田副博文(研究分担者), 科学研究費助成事業「基盤研究(B)」,福島第一原発事故由来プルトニウム同位体の環境中への飛散状況の把握. (平成24年度~26年度)
  10. 田副博文(研究代表者), 科学研究費助成事業「若手研究(B)」,鉄の環境動態を解き明かすセリウム安定同位体分析手法の確立,(平成23年度~25年度)

部門の特徴など

 当部門では、国内および国際共同研究および人材育成の促進のために、分析作業に関わる研究活動の支援やワークショップの開催を実施します。また、人材育成を促進するため、インターンシップや研究者交流制度による海外研究者を受け入れ、放射線科学研究の基盤技術の涵養に取り組みます。

近年の研究成果

  1. Hegedus, M., Shiroma, Y., Iwaoka, K., Hosoda, M., Suzuki, T., Tamakuma, Y., Yamada, R., Tsujiguchi, T., Yamaguchi, M., Ogura, K., Tazoe, H., Akata, N., Kashiwakura, I., Tokonami, S. Cesium concentrations in various environmental media at Namie, Fukushima Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry. 323(1), 197-204 (2020).
  2. Tazoe, H., Yamagata, T., Tujita, K., Nagai, H., Obata, H., Tsumune, D., Kanda J., Yamada, M. Observation of Dispersion in the Japanese Coastal Area of Released 90Sr, 134Cs, and 137Cs from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant to the Sea in 2013. International Journal of Environmental Research and Public Health. 16 (21), 4094 (2019)
  3. Zhao, L., Tanaka, K., Tazoe, H., Iizuka, T., Kubota, K., Sugihara, M.N., Shirai, K. Determination of the geographical origin of marine mussels (Mytilus spp.) using 143Nd/144Nd ratios, Marine Environmental Research, 148, 12-18 (2019)
  4. Kritsananuwat, R., Kranrod, C., Chanyotha, S., Ploykrathok, T., Sriploy, P., Natural radionuclides in agricultural plants from northern Thailand. Radiation Protection Dosimetry. 184(3-4):397-9 (2019).
  5. Janik, M., Tokonami, S., Iwaoka, K., Karunakara, N., Trilochana, S., Mohan, M.P., et al. Comparison of Radon and Thoron Concentration Measuring Systems Among Asian Countries. International Journal of Environmental Research and Public Health, 16(24) (2019).
  6. Yang, G, Hu, J., Tsukada, H., Tazoe, H., Shao, Y., Yamada, M. Vertical distribution of 129I and radiocesium in forest soil collected near the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant boundary. Environmental Pollution, 250, 578−585 (2019)
  7. Yang, G, Rahman, M.S., Tazoe, H., Hu, J., Shao, Y., Yamada, M. 236U and radiocesium in river bank soil and river sediment in Fukushima Prefecture, after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Chemosphere, 225, 388−394 (2019)
  8. Shao, Y., Yang, G., Xu, D., Yamada, M., Tazoe, H., Luo, M., Cheng, H., Yang, K., Ma, L. First report on global fallout 236U and uranium atom ratios in soils from Hunan Province, China. Journal of Environmental Radioactivity 197, 1−8 (2019)
  9. Amakawa, H., Yu, TL., Tazoe, H., Obata, H., Gamo, T., Sano, Y., Shen, C.C., Suzuki, K. Neodymium concentration and isotopic composition distributions in the southwestern Indian Ocean and the Indian sector of the Southern Ocean. Chemical Geology 511, 190-203 (2019)
  10. Shao, Y., Yang, G., Tazoe, H., Yamada, M., Ma, LL., Xu, D. A review of measurement methodologies and their applications to environmental Sr-90. Journal of Environmental Radioactivity 192, 321-333 (2018)
  11. Yang, G., Tazoe, H., Yamada, M. Improved approach for routine monitoring of I-129 activity and I-129/I-127 atom ratio in environmental samples using TMAH extraction and ICP-MS/MS. Analytica Chimica Acta, 1008, 66–73 (2018)
  12. Yang, G. S., Y. Kato, H. Tazoe, M. Yamada: Applying an improved method to measure 134Cs, 135Cs, and 137Cs activities and their atom ratios in marine sediments collected close to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Geochemical Journal, 52, 219-226 (2018)
  13. Tazoe, H., H. Obata, M. Tomita, S. Mamura, J. Nishioka, T. Yamagata, Z. Karube, M. Yamada: Novel method for low level Sr-90 activity in seawater by combining oxalate precipitation and chelating resin extraction. Geochemical Journal, 51(2), 193-197 (2017) DOI:10.2343/geochemj.2.0441
  14. Yang, G., Tazoe, H., Yamada, M. Can 129I track 135Cs, 236U, 239Pu, and 240Pu apart from 131I in soil samples from Fukushima Prefecture, Japan? Scientific Reports DOI:10.1038/s41598-017-15714-w (2017)
  15. Yang, G., Tazoe, H., Kazuhiko, H., Kumiko, O., Yamada, M. Isotopic compositions of 236U, 239Pu, and 240Pu in soil contaminated by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Scientific Reports DOI: 10.1038/s41598-017-13998-6 (2017)
  16. Yang, G. S., H. Tazoe, M. Yamada: Determination of 236U in environmental samples by single extraction chromatography coupled to triple-quadrupole inductively coupled plasma-mass spectrometry. Analytica Chimica Acta, 944, 44-50 (2016) DOI: 10.1016/j.aca.2016.09.033
  17. Yang, G. S., H. Tazoe, M. Yamada: 135Cs activity and 135Cs/137Cs atom ratio in environmental samples before and after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Scientific Reports, 6, 24119 (2016) DOI: 10.1038/srep24119
  18. Chanyotha, S., Kranrod, C., Pengvanich, P., Sriploy, P., Determination of radon in natural gas pipelines. Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry. 307(3):2095-9 (2016).
  19. Tazoe, H., H. Obata, T. Yamagata, Z. Karube, H. Nagai, M. Yamada: Determination of strontium-90 from direct separation of yttrium-90 by solid phase extraction using DGA Resin for seawater monitoring. Talanta, 152, 219-227 (2016) DOI:10.1016/j.talanta.2016.01.065
  20. Chanyotha, S., Kranrod, C., Kritsananuwat, R., Lane-Smith, D., Burnett, W.C., Optimizing laboratory-based radon flux measurements for sediments. Journal of Environmental Radioactivity. 158:47-55 (2016).
  21. Yang, G. S., H. Tazoe, M. Yamada: Rapid determination of 135Cs and precise 135Cs/137Cs atomic ratio in environmental samples by single-column chromatography coupled to triple-quadrupole inductively coupled plasma-mass spectrometry. Analytica Chimica Acta, 908, 177-184 (2016) DOI: 10.1016/j.aca.2015.12.041
  22. Chanyotha, S., Kranrod, C., Pengvanich, P., Systematic apporch to characterization of NORM in Thailand. Radiation Protection Dosimetry. 167(1-3):15-21 (2015).
  23. Sorimachi, A., Tokonami, S., Kranrod, C., Ishikawa, T., Preliminary Experiments Using a Passive Detector for Measuring Indoor 220Rn Progeny Concentrations with an Aerosol Chamber. Health Physics. 108(6):597-606 (2015)
  24. Pornnumpa, C., Tokonami, S., Sorimachi, A., Kranrod, C., Characteristics of indoor radon and its progeny in a Japanese dowelling while using air appliances. Radiation Protection Dosimetry. 167(1-3):87-91 (2015).
  25. Kranrod, C., Chanyotha, S., Pornnumpa, C., Kritsananuwat, R., Sriploy, P., Baseline data of naturally occurring radionuclides in some native vegetables and fruits in southern Thailand. Radiation Protection Dosimetry. 167(1-3):270-5 (2015).
国立大学法人弘前大学 被ばく医療総合研究所
タイトルとURLをコピーしました